アパレルバイヤー業務の体系化を狙う3つの方法

アパレルバイヤー業務の体系化を狙う3つの方法 

皆さんは、アパレルバイヤー業務の体系化を狙う方法を知っていますか?
アパレルバイヤーの業務は、商品構成の計画、仕入先との商談や商品コントロール、納品、発注など
この他のもたくさんの業務がありますが今回は構造化を狙う3つの方法を解説していきます。

目次 

  1.  体系化とは?
  2. 体系化を狙うためには?
  3. 具体的に体系化を狙うためにはには?
  4. まとめ 

体系化とは? 

体系化とは個別の知識・情報・仕組みなどを、相互に
適宜関連付けた上で大きなひとつのまとまりを持ったものに仕上げることです。
分かりやすく言うと体系化とは、「わかりやすく一つにまとめる」ことです。

大切なことは情報データー整理の分析し、整理していくことが大切です。 

アパレルバイヤーの業務が体系化を狙うためには??

ショップのコンセプトの理解やターゲットの把握をする。
計数、計画立案、運用の責任があるのでしっかり責任感を持つ。
データの情報収集や分析業務や計画立案業務、運用業務と中心となる業務を行う。
自分の担当する商品の売り場の動きや在庫状況などを詳しく把握していくことが大切です。

アパレルバイヤーの業務が具体的に体系化を狙うためには? 

実績データ、当店情報、仕入先情報、トレンド情報、マーケットの情報の収集をする。
商品構成計画や計数計画、仕入先との取り組みをし売り場展開計画をする。
商品運用、仕入れ運用、売り場運用、販売運用をうまく機能させていくこと。
頭の中の整理、データでの整理どちらもしておくとこが大切です。

まとめ

できるアパレルバイヤーは、今回の大切なポイントをおさえてやっている方が多い傾向で
知識や経験がない人でも少しは参考にしていただけたらと思います。
自分の個々の業務内容を整理して、重複している業務や無駄な業務を
見直し、体系化し効率的にしていくことが大切です。


関連記事

  1. アパレルバイヤーとして安定した実績を出す3つの方法

  2. 2022秋冬企画商品 最新情報の解禁!

  3. ECサイトで作ったコンテンツは横展開

  4. 連休前にはSNS配信をするべき3つの理由

  5. バイヤーの大事な共通点①

  6. ネットショップ立ち上げに使える!ブランディングの5つのポイント