アパレルバイヤーの情報収集と分析業務の大事な3つの方法

アパレルバイヤーの情報収集と分析業務の大事な3つの方法 

皆さんは、できるアパレルバイヤー業務の情報収集と分析業務の方法を知っていますか?
現在多くの企業がコンピュータや販売時点情報管理をレジなどの導入しています。店頭で
商品ごとの売上高が瞬時に記憶され日々のデータを管理しています。日々の商品ごとに
売上高や仕入高、返品、割引高、在庫高まで実績データを管理することは可能になりましたが
今回は情報収集と分析業務の大事な3つの方法を解説していきます。

目次 

  1.  情報収集と分析業務とは?
  2. 情報収集と分析業務をしていく中で大事なポイントとは?
  3. 具体的に情報収集と分析業務をしていく中で大事なポイントとは??
  4. まとめ 

情報収集と分析業務とは? 

情報収集とは目的を持って情報を集めることを言います。情報収集を行うことで
現在の市場の把握や未来予測ができたり、意思決定の判断材料を増やせたり、
目標達成に不足しているものを知れたりできるため、アパレルバイヤーでは非常に重要な業務です。
次の分析業務は業務を小さなタスクに細分化・可視化し課題を特定するプロセスのことです。
業務分析を行うことで業務を効率的に改善でき、社会や業界のトレンドに適応することも可能となります。

検索エンジンだけなくSNSマーケティングをすることが近年では非常に大切です。 

情報収集と分析業務をしていく中で大事なポイントとは?

1週間、1ヶ月、1シーズン分を商品ごとに実績データー上でアウトプットできるようシステム化しておく。
日々のデータが、週間、月間、季間と期間が広がるにつれ必要とするデータを追加しておく。
シーズンの最終にどのようなこ項目のデータを必要とするのかを明確にし体系化しておく。
短いシーズンで情報収集や分析をし必要とするデータを追加してアウトプットできるようにする。

具体的に情報収集と分析業務をしていく中で大事なポイントとは? 

営業日報を整理して1週間分を報告書として整理して1週間の流れを分析し次週の対策を確認する。
週間報告書を整理し月度報告書にまとめ次月の品揃え、売り場展開、仕入先の取り組みに生かす。
月度報告書をシーズン単位で整理してシーズン分析を行い、次シーズンの計画立案に生かしていく。
日々の商品情報の積み重ねがシーズン情報の収集と分析まで繋がる流れを作り報告書のスケジュール
などの体系化することが大切です。

まとめ

できるアパレルバイヤーは、今回の大切なポイントをおさえてやっている方が多い傾向で
知識や経験がない人でも少しは参考にしていただけたらと思います。
実績データの管理をこまめにしていきスケジュールを体系化をしていく日々の
積み重ねが重要だと思いました。


関連記事

  1. インスタグラムの主要機能をおさらい

  2. バイヤーが仕入先から高い信用を得る3つの方法

  3. できるアパレルバイヤーが商品構成計画立案をする3つの方法

  4. ネットショップ立ち上げに使える!ブランディングの5つのポイント

  5. バイヤーの大事な共通点①

  6. 早期仕入れで 〇〇 を解決!