アパレルバイヤーとして安定した実績を出す3つの方法

アパレルバイヤーが安定した計数事績を残すには? 

皆さんは、アパレルバイヤーとして安定した計数実績を残していますか?
天候不順や経済状況、消費者の価値観の変化など計数予算を狂わせる原因
などありますが安定した計数実績を残すための方法を3つ解説していきます。

目次 

  1.  計数とは?
  2. 安定した計数実績を残すためには?
  3. 具体的に安定した計数実績を残すためには?
  4. まとめ 

計数とは? 

計数とは、数を数えること、数の計算のことをいいます。
簡単に言うと計算して出した数値のこと です。
これは、アパレルバイヤーも知っておかないといけないことです。

数字や実績データーを分析し行動していくことが大切です。 

アパレルバイヤーが安定した計数実績を残すためには? 

実績データーを客観的に分析する。
商品情報や仕入先情報を細かく集める。
タイミングのいい計画と運用で 安定した結果を残す。
実績データーや情報を細かく分析し行動していくことが大切です。

アパレルバイヤーが具体的に安定した計数実績を残すためには?

計数予算と達成ストーリーを頭に入れ計画に対する進捗状況をチェックする。
売上の推移だけでなくいろいろな状況の変化に対して 細かな対策を打っている。
売上予算を割ることがあっても粗利益でカバーしたり、在庫をできるだけ持たないようにする。
さまざまな情報やデータを分析し計画的に行動していくと安定感がでてきます。

まとめ 

できるアパレルバイヤーは、今回の大切なポイントをおさえてやっている方が多い傾向で
知識や経験がない人でも少しは参考にしていただけたらと思います。
さまざまな状況の変化に対して対策をとって業務を推進していくことで
安心感や安定感が生まれるので計数実績も残すことができます。

関連記事

  1. ECサイトで作ったコンテンツは横展開

  2. 情報を拡散させる為のいいフォロワー

  3. 販売スタッフから信頼を持つ3つの方法

  4. 在庫管理で注意すべき5つのポイント

  5. アパレルバイヤー業務の体系化を狙う3つの方法

  6. 最新の展示会はどう変化?モノの仕入れよりも『最新情報の仕入れ』の機会に…