できるアパレルバイヤーの運用業務の3つの方法

できるアパレルバイヤーの運用業務の3つの方法 

皆さんは、できるアパレルバイヤー運用業務のやり方知っていますか?
運用については、売り場のフェースコントロール、仕入れ在庫のコントロール、売れ筋商品の
補充、不振商品の処理、販売マネジメントなどの業務がありますができるアパレルバイヤー
の運用業務についても解説していきます。

目次 

  1.  運用とは?
  2. 運用業務をしていく中で大切なポイントは?
  3. 具体的に運用業務をしていく中で大事なポイントとは?
  4. まとめ 

運用とは? 

運用とは、まく機能を活かして、モノを用いることです。 運用の用はモノについて、
役に立たせるや働かせるという意味を持ちます。 そのため、モノの機能を効果的に生かすことが運用の本質です。
これはアパレルバイヤーにも繋がることなので非常に大切です。

運用業務をしていく中で大切なポイントは?

期間ごとにバイヤーのルーチンワークとそれ以外の業務とに分けておく。
日々のルーチンワークについて体系化しておく。
運用のポイントなども細かく調べておく。
ルーチンワークの業務以外の業務については計画性をしっかりたてることが大切です。

具体的に運用業務をしていく中で大事なポイントとは? 

日々の欠品商品や不振商品のチェックをする。
VR、PPなど売り場の点検をする。
1週間の状況報告と課題対策についてミーティングする。
月単位の報告、次月度の商品方針の説明をする。
それぞれの業務の関連性を考えて業務をしていくことが大切です。

まとめ

できるアパレルバイヤーは、今回の大切なポイントをおさえてやっている方が多い傾向で
知識や経験がない人でも少しは参考にしていただけたらと思います。
課題項目や翌週の対策し商品内容を確認していくことが大切です。
そして実際に実行した対策の結果を検証して次に繋げることが大切だと感じました。


H3見出しb

関連記事

  1. バイヤーが仕入先から高い信用を得る3つの方法

  2. 売れるメルマガの3つのアイデア

  3. 知らなきゃ損?!SNS時代の購買プロセス

  4. トレンドが後押しに!ユニセックス提案の今を解説!

  5. できるアパレルバイヤーが商品構成計画立案をする3つの方法

  6. アパレルバイヤーとして安定した実績を出す3つの方法