売れるメルマガの3つのアイデア

email-4284157_640

1.ランキング型:興味を引く見せ方が肝

ランキングはテーマを絞り込む

テーマ―が曖昧だと見ないので、季節に合わせたレディースのアパレルランキングなど絞り込むと有効です。

ランキングの下位から紹介

メルマガはできるだけユーザーが下のページまでスクロールするのを目的します。
そのため、ランキングを下位から紹介することで、売れていない下位の商品への誘導ができます。

また、上位に行くほど画像を大きくしていきます。
画像を徐々に大きくすると、ランキング上位の商品への期待感を高めることが出来ます。

さらに、5つ星のレビューを使うことで
顧客からの評価を載せてランキングの客観性とリアリティーを高めることが出来ます。

2.特集型:ターゲットに刺さる切り口で

冒頭にあいさつと目次を掲載

ユーザーに目的意識を持たせ積極的に読み進ませることを目的とします。
ここで重要なのは目的買いのユーザーを意識をどう持たせるか?です。
例えば、雨の日に快適に過ごせるコーディネート&使えるアイテムなど商品提案のコンセプトをしっかり定めます。
シーズン毎にユーザーが知りたい情報や新しい情報を掲載することでファンを作っていきます。

3.イベント告知型は派手目の演出で

バナーはイベントを演出する看板

バナーのデザインを通常よりも強い印象のものを作ります。
そうすることで、セールであることがユーザーに一目でわかるようになります。
セールの認知度をあげる、デザインのマンネリ化を防ぐ効果も狙います。

また、バナーにはメリットを具体的に記載します。
セールの目玉商品、割引率など具体的なメリットを記載し、メルマガを読み進めてもらう事が目的となります。

テクニックとしては目次の下にクーポンを表示するなど、ユーザーが気付きやすい場所にクーポン情報/セール情報をなどを載せます。
そこには、〇%OFFなどは赤文字、相対的に目立つ色でなど訴求ポイントを目立たせます。

関連記事

  1. business-792113_640

    ネットショップ立ち上げに使える!ブランディングの5つのポイント

  2. Green21_hyuhyu20141123121153_TP_V4

    知らなきゃ損?!SNS時代の購買プロセス

  3. handshake-4011416_640

    バイヤーが仕入先から高い信用を得る3つの方法

  4. paku1181704_TP_V4

    在庫管理で注意すべき5つのポイント

  5. EC_カテゴリ

    ECサイトで作ったコンテンツは横展開

  6. Green21_hyuhyu20141123121153_TP_V4

    情報を拡散させる為のいいフォロワー