できるアパレルバイヤーが商品構成計画立案をする3つの方法

できるアパレルバイヤーの商品構成計画立案の3つの方法 

皆さんは、できるアパレルバイヤーの商品計画立案業務のやり方知っていますか?
シーズン商品構成計画を立案し、これを月別、週別に商品構成計画に落とし込んでいく
のですが今回は、今回はできるアパレルバイヤーの商品構成計画立案の業務について
解説していきます。

目次 

  1.  商品構成計画とは?
  2. 商品構成計画立案をしていく中で大切なポイントは?
  3. 具体的に商品構成計画立案をしていく中で大事なポイントとは?
  4. まとめ 

商品構成計画とは? 

商品計画とは、小売店舗において、多様化する顧客ニーズを満足させて、
利益を得ることをできる「商品構成(商品ミックス)」を計画することをいいます。

他店との違いや独自性といったストアコンセプトを明確に打ち出し差別化を図ることが大切です。 

商品構成計画立案をしていく中で大切なポイントとは?

シーズン展開する商品の7割を目安に商品内容を明らかにする。
シーズン商品構成計画の精度が高しておくと月別商品構成計画も高い制度になる。
逆にシーズン商品構成計画の精度が雑だと月別商品構成計画も雑になるので注意する。
いかに商品構成計画の精度を上げることが重要なポイントになっていきます。

具体的に商品構成計画立案をしていく中で大事なポイントとは? 

各月、各週、の商品構成計画も当店で収集した情報の分析結果をしっかり見る。
トレンド情報やマーケット情報、仕入先情報から実績情報まで分析する。
商品のラインナップはお客様視点で品揃えをすること。
細かく分析をしニーズに合わせた商品構成計画をしていくことが大切です。

まとめ

できるアパレルバイヤーは、今回の大切なポイントをおさえてやっている方が多い傾向で
知識や経験がない人でも少しは参考にしていただけたらと思います。
今回で大切なことは細かい分析と他店との差別化、そしてお客様視点で商品
構成計画を進めてくことです。


関連記事

  1. ネットショップ立ち上げに使える!ブランディングの5つのポイント

  2. バイヤーが仕入先から高い信用を得る3つの方法

  3. ECサイトで作ったコンテンツは横展開

  4. アパレルバイヤーの情報収集と分析業務の大事な3つの方法

  5. 在庫管理で注意すべき5つのポイント

  6. バイヤーの大事な共通点①